4. レクサス RX

レクサス RXトヨタのレクサス店で初めて販売されたクロスオーバーSUVがこのRXです。

この車はトヨタ系列店でハリアーとして販売されていた車をトヨタ・レクサス店で販売するために作り替えたもので、初代モデルと2代目モデルまでハリアーの兄弟車でした。

ハリアーもカムリのプラットフォームを使って作られたクロスオーバーSUVですので、このRXもSUVではなくクロスオーバーSUVとなっています。

3代目になって、後のNXシリーズを販売する構想があったため、ここでハリアーとの縁を切るのですがそれでもSUVとしては作らず、全く同じカムリのプラットフォームを使って作ったクロスオーバーSUVとして作られたのです。

NXシリーズが発売された今ではトヨタ・レクサス店の中の大型クロスオーバーSUVがこのRX、小型クロスオーバーSUVがNXという関係ができ、今まで兄弟車となっていた両車に上下関係が付けられることとなったのです。

実はこのRXシリーズは近いうちにフルモデルチェンジされる予定があるのですが、そのモデルもまたカムリベースのクロスオーバーSUVになってしまうか、他の乗用車のものを使うのか、それとも専用設計になるのかわかりませんが、どのパターンもクロスオーバーSUVであることには変わらず、SUVとて作られることは決してないでしょう。

なぜなら、トヨタにこのサイズのラダーフレームの用意がないからです。

トヨタは1台の車を作るためにわざわざシャシーを作ることはせず、必ず他の車のものを流用しようとします。

それは利益率の高いレクサス店の車でもです。

ですからSUVは絶対にありえないということになります。

胃がん 再発 余命

Copyright© 2014 絶対に乗りたい国産車SUV特集! Allrights reserved.