8. マツダ CX-7

マツダ CX-7マツダの車でCX-5は現在も販売されているのでよく耳にする名前だと思いますが、CX-7という名前を知らない方、忘れてしまった方も多いかと思います。

この車は現行モデルのCX-5の先代モデルで現在日本で販売されていませんが、中国では専売車両として販売されています。

この車はつくりから見ればクロスオーバーSUVの中のクロスオーバーSUVといっていい車で、当時マツダから販売されていたいろいろな車の一部分を切り取ってそれをつなげた形で作られたものなのです。

基本のプラットフォームとフロントサスペンションはMPV、リヤサスペンションはプレマシー、エンジンは一部のアテンザやアクセラに使われていたものとまさに当時にマツダ車の集合体となっています。

もちろんMPVのプラットフォームを使っているのでフレームはモノコックフレーム、完全なクロスオーバーSUVとして作られているので、ハードなオフロード走行などには対応していません。

サスペンションもフロントにストラット、リヤにマルチリンクの四輪独立懸架を採用しているのではっきり言ってオンロード向きです。

ただ4WDは前輪が滑ってから4WDになるものでなく、常に前後トルク配分を変化させるものが付けられているので、雪道などオンロードでのスリッピーな路面では十分なトラクションを発揮することできます。

見た目もそれほどSUVっぽいものではないので、普通の乗用車として乗るのには適したクロスオーバーSUVだと思います。

Copyright© 2014 絶対に乗りたい国産車SUV特集! Allrights reserved.